ハートキャッチプリキュア_花の価値とミーム。

ハートキャッチプリキュア!【8】 [DVD]

 

ハートキャッチプリキュア―――「心の花結晶」と「肉体が封じられた玉」の比率をよくよく見てみると、圧倒的に「肉体」の割合が低い。1割あるかないか。つまり、「人間として肉なんてものは大したものではない、精神(心)のほうが貴重」だと

あと、花のタクトを波状にゆらゆらとする動作は、フォルテ(だんだん強く)の意なのかもなーと。(だ、だよね?音楽用語はさっくり忘れている畑)。それとタクトの中心部を「回す」のは、「循環」と捉えていいんじゃないだろうか。しおれていた花が、あの行為により元気になっていることからも…

生の循環みたいな……。それと「花の価値」は私達人間さまが勝手に決めつけているだけなんだよな……と再実感。花自体の価値はおそらく「並列」なものなだと思うのだけれど、そこに価値あるもの(繁殖が稀有/美醜の概念)として、それ以上の価値を付加させていくんだなと。たんぽぽと牡丹

ある人間ちゃん、あるいは集団/組織の大勢が「●☓の花は価値ある」「☓☓の花はとくだん無い」みたいな価値観が、過去から今へと受け継がれているのかもね?と(根拠はない)。世間では桜や牡丹の植物は価値あるとなっているけれど、たんぽぽとかレモンの花が価値ないわけじゃないよねと___ここらへんは模倣子みたいな概念の影響だよねと

そこらへん意識ずらして見つめなおして疑ってみたほうがいいのかもしれないなと思ったり。その価値は誰にとっての価値なんだろう?と。少なくとも私が"観て""決めた"価値ではない

 

レモンの花言葉とかね!とかね!とかとかね!

 

 

ポッカサッポロ キレートレモン 155ml×24本

ポッカサッポロ キレートレモン 155ml×24本