ブログ原初動機と内発的モチベーションと炎上

ネットの炎上力 (文春新書)

「文章の伝達効率について」 他者に分かるように書く文章というのは伝達効率が高い。逆に自分しか分からない文章は、伝達効率が低い。 言いたいことをよりよく伝えるためには、相手の目線・領域を想像して書くことが必要だと思われる。

しかし、そういった「他者によりよく伝えたい」という動機を持っている人ならいざしれず、 持っていない私からすると、うわめんどくさ!となってしまうのですね

もうこれは「気質」とか「ベクトル」という感じだよなー……って。

ブログをはじめた理由とか人それぞれにあって、ある人は好きな作品を多くの人に知ってもらいたいとか。またある人は趣味を通じて友人を増やしたいとかね でも、私がブログを始めた最大の動機って「思考銘記」なんだよな……と。

つまり「誰か」を想定しなく、「自分の為に」はじめたものなので

この「誰かの為に書く」って熱意がぜんぜん生まれないという。 はじまりの動機が自身の思考をログ化していくことにめちゃくちゃ魅力を感じていた時点で、延長線上の今もそれは変わらないんだねとかぐにゃぐにゃ

とはいっても別とは思うのです。他者を廃絶し運営する方法もとても良いと。外的評価に依存しないスタイルは好きなので・す・が 「伝導効率が高い文章」は書きたいなと。
誰かに伝わる為に伝導効率をあげるのではなく、 「伝導効率をあげた文章を書きたい」から書きたいみたいな動機が生まれはじめ

いるなーと最近感じていたり。 伝導効率が高い文章はそれだけで、魅力的だよねと。ふむふむ

それが「好き」になれば、いいんですよね。 内発的動機がないのに、やってもたぶん続かないので

あとローモデルさんを見つけられたので、進む方向は明確化できそうなので よき頃合いかも

はてなブログにいると麻痺してくるけど 私がはじめたときのブログ雰囲気って「読者なんているの?」っていう想像すらも生まれないくらいに他者っていう状況をうまくイメージできなかったからなあ……

ああいう他者が廃絶された環境だとブログ始めた時続けるのがとても難しいと思うんですが(現にFC2は一年間放置とかざら)、 うまくいけば内発的動機でブログを書けるようになれるので悪くはないのかもねと

逆に最初にブログを始めたサービスが「はてなブログ」だと、他者承認ばかり欲しがってストックとしてのブログというより、コミュニケーションツールとしての要素が際立ってくる印象です

ブログというツールを長期的に使うという点ならば、「誰かが見てくれている(=スター・はてぶ、IDコール)」っていう安心感は長続きしやすいんですけどね。 ただ外発的動機に傾倒しすぎると、PV至上主義の煽り炎上記事ばかり書く人になっちゃうので

外発的動機と内発的動機という点は意識しておいて損はないかなと思ったりします。

「やばいいま外発的動機が首をもたげ始めてきているぞ……ぐぐ」みたいな

 

 

ネットの炎上力 (文春新書)

ネットの炎上力 (文春新書)