明日ママがいない5話 シャンプーボトルじゃないんだよ?!!ばーか!!

誰か私を

見終わり。 ポスト・ロッカー・アイスドール。この三者が私は好きだなーとか というか精神的負荷がじわる

5話のアイスドールの誰にも向けていない問い 「私達に守るものなんてあるの?ねえロッカー」 いや……その問いはちょっとまってよ……それだめなパターンのやつだよ……

アイスドールの心象領域が少しだけ理解できるので地味にきつい。……いやうん……これは……これな……

その問いに舞っているのは虚無的答えしか無いよ。そしてそこに行き着いたらもう終わりなんだよ。心ががりがりと削られちゃうよ。もう考えるのはよすんだと思考

ピア美の「ポストのシャンプーボトルじゃないよ」っていう言葉は地味にきつい。 いやただただきつい。なんだこの威力。まじかあの場面でそれ言うのか……と小一時間。 良い悪いではなく(いやね正しい選択といえばそうかもしれないけどね)、ポストすんごい傷ついたと思うんですよね……

これ見るといつも「選ばれないことは死ぬことなんだよ」という言葉がRefrainする

子どもが共同体作ってわいわいしているあの自室の雰囲気←好き でもあの空間は「凪の間」なんだよね……。留まる場所ではなく、流れ行く通過地点。……ああこれあれだスタンド・バイ・ミーのレストランを彷彿した

"時が経つにつれて、友達はレストランの客のように変わってゆく " だっけかな

 

 

 

 

明日、ママがいない オリジナルサウンドトラック

明日、ママがいない オリジナルサウンドトラック