約束(ルール)の遵守と息苦しさと思考の修正、もしくは共同体のコミット

いろとりどりのヒカリ Theme Songs Plus

 

“ 約束や信義という言葉を信じすぎる病気ってありますか? - ライブドアブログhttp://t.co/F8LmLSJ2B6

 

”賞味期限切れた弁当を、同僚が廃棄せずに友達にあげたりしたのを咎めたら、叩かれたり。 そんなのみんなやっているとかじゃないと思います。 やっちゃいけないと決まっていることは、やるべきではないと思うから。 それが店と交わしたルールであり、約束だから。 "

 

うんうんいいね最高だよ

 

>>んーじゃ煮詰めますかね。 私はこの人をわりとそれなりに支持できる。これは二元論で割りきるものではなく「楽かどうか」の判断がいいかもしれない。 「その生き方は楽だろうか?」って

 

今の生き方がたとえ辛くても、生き方を大幅に変えてしまった場合、余計に辛くなるのは目に見えている。私的にね。 じゃあどうするかっていうと2つ?

 

1,少しづつほんとうに少しづつ自分が”望む"思考回路に変えていく。

2,自分自身はそういうものなんだって割り切って、似た人を探す

 

2を煮詰めたいのでまずはこっち。

きっと……たぶん、自身の生き方を是としているなら変えなくていいんだよ。だけど、1人だと負担が多すぎるので打ち明けられる人を探す、、、のが今の私の限界策

 

周囲に自分と適合できる人がいないのであれば、もうネットでしかない。 探し方、コミュニティの広げ方はいろいろあるので、自分が好きな方法で。 このスレでメアドでも貼っつけておけば、似たような人から連絡くるのではない?と

 

おそらくネット上でやるとしたら、自身の全ての内蔵をひとつ残らず開陳する勇気があれば、いけるような気がする。とはいっても机上の空論だけど。 じゃないとそもそも人が寄ってこないので。(今回のスレみたいに) 私的にはアカウント制(自分だと認識できるもの)+内蔵をかっさばくことが

 

できれば、……?

 

似なくてもいいのだけど、ガチガチで傷つけえる相手に出会えれば活路が開けるような気がするのよさ

 

「識別」「内蔵開陳」による、自己性を拡大化していきつつ、探す(寄ってくる)。 類は友を呼ぶ―――という前提

 

(わりかしこれ当てはまる場合がけっこー多いので、なんとなく信じている)

 

1、思考の修正 これは「思考(意見のアウトプット)」「知識の吸収」「経験を積む」をぐるぐるぐるぐると稼働させてやれば、ちょっとづつ、負担をなるべくかけないで、思考が修正されていくはず

 

ここで大事なのは、「自分で修正(気づく)」こと。んとね人にどれほど正しいことを言われても「実感」出来ないからも意味ないのよ

かなあ?……

 

個人的には1と2を併用しつつ、がベターです? 現実の周囲に理解できない人がいっぱいいたとしても、気にすることなんてないのよ。 そんなのは”たまたま"いなかっただけなのだから。

 

母体数を格段にあげてくれる「インターネット」は、そんな少数派でも、「似たような人」もしくは「適合する人」が見つかりやすい。 のでので

 

そういう人に話を打ち明けるだけでも、わりかし負担が軽くなるのではないんじゃないかなって思うのですよね

 

FAVORITE 10th ANNIVERSARY VOCAL COLLECTION

いろとりどりのセカイ WORLD’S END COMPLETE 版権画像素材A3タペストリー