リトバスRefrain2話 無題「恋心を奏でる綺想曲」

リトルバスターズ! オリジナルサウンドトラック

 

2-11 無題『恋心を奏でる綺想曲』

 

来ヶ谷の世界を思い返すたびに、KEYは「永遠」を嫌っているようにさえ見える

 

振り続ける雪、壊れて行く世界。 茜色の夕焼け、きみとぼく。赤い世界。 そう

「今さら、キャラメルのおまけなんか、いらなかったんだ」

 

幻想世界も最後には壊れ、消失した。 茜色の世界も、最後にはそこから”ぼく"は抜けだした。 雪が振り続ける世界も、最後には―――

 

では、一応聞いておこう。決まりごとなんで、な……

うん

 

――この世界は美しいか?

美しいよ、時を止めてもいいほど美しい。


言ってしまったな。
後悔はないよ。

 

すべてが止まればいいのに。止まってしまえばいいのに。 ああでもさいきんはその衝動は無くなりつつあって、消えつつあって……少し悲しい

 

「今さらキャラメルのおまけなんかいらなかったんだ」

ほんとうにそうなんだろうか……。キャラメルはいらなかったんだろうか

 

なにかを引き寄せる感覚。 なにかが引き寄せられていく感覚。 たまたま、偶然に、それと出会ったときどうしても「運命」の存在をすこしだけほんのすこしだけ感じずにいられない。 いまもっとも欲しいもの、そういったものを見つけ出す力は……やっぱりいいよねと

 

 

Boys be smileリトルバスターズ! パーフェクトエディション TVアニメ化記念版