ドキドキプリキュアと「文化作品」と「想像力」

 

 

プリキュアとプリズマ☆イリヤを見てて思うのが、

「想像力」って大事なんだなということ。 アニメや小説に触れる機会が多いせいで、あまり実感してこなかったけど、これって実はすごいことなんじゃ

想像力というのは、多視点の1つ。 これの素養が低いと、視野狭窄ぎみになるのと、じこちゅーになってしまうんじゃない?っていうこと

プリキュアすっげーと思うのが、これは……子どもの想像力を飛躍させるなあということ。 パンクシーンを見ていると、「具現化」するイメージがあがるんじゃない?ということ

 

Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)

 

おそらくお子さんは、プリキュアの変身グッズを買う。 買って、その装置を稼働させることで、自己を纏う服やアクセサリーをこの現実のなかで「具現化」できる力を養われるのかなと……いやあ……これはすごいよ……

ビジュアルによって、自己世界のイメージが強固となる。 それを現実の装置によって、トリガーとさせて…………うおおお

ドキドキ!プリキュア ドキドキ変身! ラブリーコミューン

ドキドキ!プリキュア ドキドキ変身! ラブリーコミューン

 

想像力がない。というのはどうなんだろう。 どういうことなんだろう。 見ている世界は味気ないものになるんだろうか。けっこうここ気になる

文化作品によって、想像力は増大するんじゃないんかなーと思う。映画小説舞台美術アニメラノベエロゲ―――

starlog

starlog

考える力が養われるような気もする。

 

イリヤの「魔法少女が空を飛べるなんて当然ジャン(キリッ」みたいなこととか。 全然当然じゃない。想像力すげーとなる

文化作品が廃絶した世界は、すべて実利的な効率だけを追い求めるところになってしまうんだろうか? どうだろ

ひとついえるのは、それってつまんないよねということ。ムダは最高の贅沢だということ、面白いというのは正義だなあ

 

Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)

Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)

ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム1

ドキドキ!プリキュアボーカルアルバム1