「うちら」の世界__を読んで倫理の移行について考える

 


三ツ星貿易ホームフリーザー エクセレンス 家庭用冷凍庫86L MA-6086



 

さーてギアあげていくぞ

そんなことがありえるのか? そんな人間が存在するのか?____ / “「うちら」の世界 - 24時間残念営業” 「うちら」の世界 - 24時間残念営業

 

この前言及したように、これはもう明らかに倫理観の問題だよなあとは思う

うーんそうなんだよね。ああいう行動を行ったときに「自分の行動が、どういう現象に直結するかを考えないんだろうか?」と思っていたけど、倫理観の移行という考えならだいぶしっくりする

彼らは未だ「少数派」だから、社会全体の倫理観から手厚く洗礼される。けれど、彼らが増えてきて社会の「多数派」になったとき、当時を振り返ってみれば、「あの時代、なんであんなことにも不寛容だったんだろうね? 冷凍庫うまうまー!」となる

ああうん。たぶんやっぱり問題なのは「視野が狭い」ことなんじゃないだろうか? 社会全体の"ある程度”の倫理観を把握したうえで、少数派的な行動をすればいい。その場合法を逸することはなく、さらには多数派の視線はある程度軽減される。

しかし、「視野が狭く」、社会全体の"ある程度”の倫理観を把握できないと、こういう事態が起きる。私はそう思う。倫理観の閾値なるものが存在する。それを超えれば、手厚く歓迎される。そこのラインを知っているか、いないかは大きく違う

同じ行為をしても、同じ行動をしても「許される環境」と、「許されない環境」がある。これの把握は重要。じゃないと、今回みたいなことになる。それはまずいよね?

それと思ったのが、概念を概念だと理解できない。

 ”抽象的な概念はかなり通じない。そもそも「概念」という言葉そのものが通じないだろう。個別具体的な事物を束ねて、現象として説明するような言葉では、なにも伝わらない。”

 

こんなことが本当にありえるのか?____とそう思ってしまう。ほんとうに? 理解の範疇外すぎて、すこし疑ってしまう。合っているのかもしれないが…………ほんとうに?という疑念が拭えない

 

"彼らが「インターネット」というものの全体像が把握できないと気づいたのは、”



たしかにこの論なら、今回の冷凍庫写メのことも頷けるが そんなことがありえるんだろうか……。いやありえるのだろう。このことがどれくらい当事者に影響(というか原因になっているか)どうかなんて分からないけど

 

彼らはようするに「安心」したいだけのように見える。売上数と作品の評価を混ぜ合わせているのを見るととくに

なぜ安心するのか? 売上ってようするに「大勢の総意」みたいなもんなんだと思う。その作品が面白いかどうか、良いか悪いかではなく、「大勢に受け入れられた」という指標に近い。 そんな「大勢」にまたがって意見すれば、良いか悪いかをつけやすい____そんな幻想に浸っているように思える。

ようするに自分の意見に自信がない。他者が大勢が「あれは悪かった」といえばころころと趣旨替えし好みを変える。そんな連中に見える。そんな存在に映る

本来、作品の「善し悪し」は自分で決めるべきだ。他人がどうだとか、大勢の総意がどうだとか、世間的にどうだとか、んなもん関係ない。

 

ルール!

ルール!

マンガでわかる よのなかのルール (単行本)

マンガでわかる よのなかのルール (単行本)