自己内省と『みんな』の奴隷になっている人

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第3巻 (初回限定版) [Blu-ray]

自己内省

先日、「孤独たれ」という意味あいのツイートを見かけた。これについて考えてみる

 

自己を見つめること、自己を観察すること―――それはきっと「外側」の意見や価値に惑わされなくなることに繋がるとおもう。

これだけが全部の要因とは限らないが、大きな割合を占めているように思える

これがうまく出来てないと、ある意見を求められたときに、その理由が____「みんなが」とか「誰々が言っていた」とか「大勢」がとか「常識」とかいうというものになる。 思考停止。

もしくは、「外側」に多大な価値を置きすぎた状態になりやすいように思える。 承認欲求の肥大化。他者の奴隷化。自己を他者に丸投げしている状態

なんていうんだろ、自分を見つめることがないから「内圧」を高めたり、強度を強くすることができなくなる―――気がする。

そして「孤独たれ」の主張は、孤立することでもな孤高になることでもなく、「自己を感じろ」そう言いたいじゃないだろうか

外側と内側の価値がごっちゃまぜになったり、外側の意見を切り離せなくなったり、外側にばかりやたら固執したりするようになる。

この前の、「倫理観が取り外せない」という場合もこれに当てはまる気がする。うまくその心情を想像できないけど、倫理の奴隷となっているんじゃないだろうか。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]

この「自己内省」は「比企谷八幡」でうまく語れるような気がしないでもない

簡単にいうと、一人でいる時間を持てないと、一人で思索する時間がないと、心象強度は高くならないはず

私はアニメしか視てないけど、6話くらいでそんな感じがしてくるような気がする。それまでは、もうただの痛いこにしかみえなかったけど。

意識的にやっているかは不明。 けれど結果的に、八幡は外部への価値を感じながらも、内部への価値が高まっているように見えうr。

外側の価値を置き過ぎると、結衣ちゃんみたくなってしまう。 なにかにつけて「だってみんながさ」と思考停止するようになり、誰かと常に一緒にいないと不安を覚えてしまうようになるんじゃないだろうか

自分の意見を語るときでも、「みんなが」「社会が」「常識が」「ネットの評価は」……etc というのはもういいよ飽きた。飽々した。そこからさらに突っ込んでの理由ならありだとおもう

けれどそこで止まっちゃう理由なんて、そもそも理由でもなんでもない。外側の意見に馬乗りして、自己を預けて、丸投げしてるだけだよ。

こんな自己欺瞞を繰り返しているくらいなら、せめて「自分」の意見を言えよとそう思う。

 多数派の意見を、自分で考えもせず、思考もせず、ただ「大勢がそう思っているそう言っているだから―――」だけの理由で「理由」を提示してくる人はもううんざりだ。ほんとうにうんざり。

 

 

突っ込んで理由を尋ねれば、「理解できないよ」「きっと分かり合えない」「分かる奴だけは分かる」―――こういうの本当に多い。理由も説明しておらず、説明もできないのに、いつもこれ。ほんとうんざり

多数派に属している人より、自己内省の頻度が多いのは少数派の人だと私は感覚的に思う。 いつだって否定され、不理解を示されてきたから余計なんだと思う。だって自分の中で悪くもなく良いことだとすら思えるのに明確な理由なく「否定」されるのだから。それについて思案・思索してしまうのは必然

必然だろうか

 

少数派はその性質上、いつだって奇異な目を向けられる。偏見ありありの質問を何度も繰り返される「なんでそんなことするの?」「どうして?」と。 別になんだろある方向の結論に持っていく質問じゃないならいいのだけど、大半が「否定」や「異質」さを取り上げたいだけ。なんだろこの無意味な質問

 

 

ん脱線。

自己内省には、「1人」の時間と場所があればいいんだろうか? いいような気もする。もしなにかツールを使うんだとしたら、メモ帳といった思考を銘記できるもの。あとは、芸術的ななにか?……

 

芸術、というといろいろあり過ぎて一括りにはできないとは思うのだけれど、そういう物に触れている人は、自己の練度が凄まじいと感じるときがある

この自己内省の方向が「負」へと向かっていると、鬱々している感じがするけど、「正」へ向かっているととてもきらきらした感を受ける

これは「楽観的」か否かがターニングポイントだと私は思う

自己内省をすると、どうしても「悲観的」になりがちになってしまう。それは「生存」の意味や「死」の意味や、「世界構造」に思いを馳せてしまうから。そしてそれらの答えはある側面では「無意味・無価値」と記されているから。

本来の性質もある……とは思う。最初から楽観的に考えられて、かつ自己内省できている人は自己強度がとてつもなく高い、そんなふうに感じる。

ふに吐き出した。おわり

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)