エ口ゲーは気持ち悪い?

恋愛0キロメートル Portable (通常版) 予約特典 特製マグネットフォトフレーム(仮)付き

AV見ている人がいても、アニメを見ている人がいても、美少女ゲームを愛好していてもぜんぜん気持ち悪くないよ。なのにエ口ゲーだけ、こういう雰囲気なのはなんだかおかしくないかなとは思う

アニメ(おもに萌えっとしたもの)の偏見も以前よりかなり良好になっていますよね。 どこらへんで分岐したんだろうか

オタクやエ口ゲが気持ち悪いと言われても「そもそも気持ち悪くないよね」としか思えないという。
自分に当てはめても、周りに当てはめても気持ち悪いとは思えない。んー? なにが原因しているんだろ

拒絶感と好悪は切り離されるもの? 
気持ち悪い―――という感情はなにを根ざした感情なんだろう

もしかしたらこれも「気持ち悪い」に注いだ"意味”がみんな違うから、混乱してしまうタイプ?

多数派がどうだとか関係ないんだよ

 

世間一般が「気持ち悪い」というから、それは"気持ち悪い”の? なんか違うでしょ。

自身の感情を起点にするべきじゃないの? 

いやこれも私が感情を起点にしているからか、大勢・多数に価値を置いている人だと大衆が「気持ち悪い」と"言った”から気持ち悪いと思ってしまうんでしょう。

けど「みんな」がとか「大勢が」とかの理由は、思考停止な気がする



ああ大体見えてきた。
前提がそもそも違うのか。

一般的にどう見るか
個人的にどう見るか。

それで"個人的”に見て、あなたはエ口ゲーは気持ち悪いか問いたい

 

 

ただ、それは「外」に表明したり伝えるかは別問題。気持ち悪いかどうかではなく、「誤解」されてしまう代物なのは間違いない。親しい人以外には、わざわざ言うことでもないとは思う。

 

そして立ち位置がエ口ゲに限っては少数派なだけで、違う立ち位置(多数派)になったとき私も偏見をもって物事見るのはどうにかしたい

 

恋愛0キロメートル 〜もしものおはなし〜(桜ノ杜ぶんこ)

恋愛0キロメートル 〜もしものおはなし〜(桜ノ杜ぶんこ)