ギャルゲーに対し、他人から無干渉にさせる方法を考えてみる

遥かに仰ぎ、麗しの (ハーヴェストノヴェルズ)

親にエ口ゲーがバレて家族会議になった人のツイートを見て考えてみます。

 

大まじめに考えてみよう

 

目標設定。

エ口ゲーへの理解を求める。これは納得という意味ではなく、聖域干渉をするなという理解への求め。侵略してこなければいいように思える

ぱっと思いつくのは、「エ口ゲー」をその人にとって大事なものとを置き換える方法。 

とりあえず「エ口ゲーを代替」という方向で。


そもそもエ口ゲーときくと、触れたことが無い人は「偏った見方」でしか捕らえられない。これは"エ口”ゲーなので、最早仕方ないです。エ口ゲーという言葉に、私たちがプレイしているゲームの本質はほんの一部しかない

ああこれは交渉能力が関わってくるのか……。

対象の価値を選別、比喩、具体例―――でなんとか?
生理的なものだったらどうしましょ。もうその人の倫理観に委ねるしかないような?

1、価値の置き換え
2,本質への理解(エ口ゲーをやらせてみる) fmfm

(1が簡単そうです……)

これは親―――というより、人の所有物を勝手に捨てちゃう、開けちゃう人に出会ったときにどう理解させるかが肝要ですかね?

PULLTOP VOCAL COLLECTION 『うたのかんづめ』

PULLTOP VOCAL COLLECTION 『うたのかんづめ』

遥かに仰ぎ、麗しの (ハーヴェストノヴェルズ)

遥かに仰ぎ、麗しの (ハーヴェストノヴェルズ)