痛覚残留―――それは他人の感情を希釈することで起きるんだよ

劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD]

「いつか良い思い出になるよ」なんて言う大人が死ぬほど憎かった」

というツイートを見かけたので、感想をば

 

こういう時に、人と人とのコミュニケーションの断絶性を思い知ってしまう。思い知らさせてしまう。

人の気持ちなんてわからないし、ましてやその痛みの度合いなんて分かるわけがない。自分の痛みが「それは小さな悩みだよ」とか「明日への糧なんだよ」とかとてもバカバカしい。なぜ相手の意志によって私の痛みが希釈されなければいけないのだろうか

 

なぜ今感じている痛みを無かったことにされなくちゃいけないんだ? それを決めるのは他でもない私だというのに、なぜ他者によってそれらを規定されなけばいけない? これは「それは試練だよ」とか「泣くのはやめろみっともない」とか「きっとこれで良かったんだよ」とかも同じ。

 

誰かの痛みを、感情を、他人が書き換えちゃいけない。ということで私も還元還元。忘れないようにしよう

劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD]

劇場版「空の境界」 痛覚残留 【通常版】 [DVD]