自殺っていくつもの動機がある

自殺のコスト

 

人を殺さない代わりに、自殺していく若者たち http://t.co/uBuuUiqUDE 

 

自身の感情が外へ向かうか、内へ向かうか。放散するか帰結するかの差異。これが"若者の自殺の理由”とするにはちょっと疑問。ただ「一部」とするなら感覚としては非常に分かる。 自殺にもいろいろな理由があるはず。一括りにしてしまうのは危険かも?

 

前述した例でいうなら、自己責任の概念が内に向かいその負で焼き殺されてしまった場合。 あとは自分にも世の中にも責任とか、そういうのがもうどうでも良くなってしまった場合。これは生きるエネルギーが枯渇した人と言ってもいいかもしれない。

 

こうなったら誰が「悪い」とか、そういう考え方で選んだものじゃない。自分の細胞が1つ1つ紐解かれるようにして消滅する―――そんな感じのかなとも思う。 あともう1つは、死に傾斜して、死に夢見て、死に憧れる人もいるとは思う。新天地を目指すような感覚としてさ。これは未練がない

 

あとこれは私には分からない感覚だけど、"生生きたくて死んでしまったではなく、生きたくて自殺してしまった”というパターンというのもあるらしい。分人主義的な何か

 

別記事かいてみました。

 

どうして人を殺すのがいけないのか? (1069文字) 

 

自殺のコスト

自殺のコスト