私の意見の雑記

弱虫ペダルの泉田くんと大胸筋アンディと、内と外の境界線

弱虫ペダルの泉田くん?すげー……。これってアンドロイドや植物や人形に自己を拡大化したんじゃなくて―――自分の体の一部に人格を見ているっていうのがもうたまらなくすごい 自己と世界の境界線って人それぞれによって多分違うんだろうけれど、私だと肉と空気…

まなじゅさんへの私信。「明日ママがいない」を私はこう見ていますよー。(3019文字)

コメントするのは久しぶりですが・・・ 明日ママがいないは、結構話題になっていますが、私は見ていません。それで、どんな話なのか教えていただきたいのですが・・・べるんさんは明日ママがいないについて、どう思っていらっしゃるかも知りたいです。ずうず…

明日ママがいない7話、自己肯定感の剥離と評価されつづけるっていうこと

明日ママがいない7話―――最悪だ最悪すぎるこのクソッタレな思いを抱えて眠りにつかなければいけないのか…… ・他者の評価を著しく下げることで、自身の評価を上げようとする行為。←自己肯定感の剥離が原因。 しかしなぜそんなことをする? なんでそんな行動を…

作品を楽しむこと(プレイしたときの感情)と批評することは別というメモメモ

*自分用メモ "娯楽作品はどこまでも娯楽に供することを目的として産まれるのであって、評される為に産まれてくる訳ではない筈です。評価など有っても無くても良い部分ではないですか?" @Oyoyoiko なので、私からはむしろOYOYOさんが「評価を表明すること」…

エ口スケと大きな<場>のメモ。消滅しても困らないとは思うのだけれど実際は?

*自分用メモ >>"奨めず奨められもせず自分の嗜好だけで機嫌良く遊んでいくという姿勢の方が好ましく思える" どういう文脈なのかは分からないんですが、それでも私はこの一文に結構共感できます。閉じたゆえの価値の跳ね上がりを知っているので 私の勝手な…

肉体の強化は不老不死。では精神の強化はどこに向かう?

肉体のエンハンスメントはよくあるけど、精神のエンハンスメントは可能なんだろうか。可能ならば、どの程度、どこまでいけるのか気になる気になる。 肉体の究極系は不老不死なんだろうか。。。ふむ。精神を強化してなにが起こるかというと、何が起こるのだろ…

ブログ原初動機と内発的モチベーションと炎上

「文章の伝達効率について」 他者に分かるように書く文章というのは伝達効率が高い。逆に自分しか分からない文章は、伝達効率が低い。 言いたいことをよりよく伝えるためには、相手の目線・領域を想像して書くことが必要だと思われる。しかし、そういった「…

明日ママがいない5話 シャンプーボトルじゃないんだよ?!!ばーか!!

見終わり。 ポスト・ロッカー・アイスドール。この三者が私は好きだなーとか というか精神的負荷がじわる 5話のアイスドールの誰にも向けていない問い 「私達に守るものなんてあるの?ねえロッカー」 いや……その問いはちょっとまってよ……それだめなパターン…

画家の物語を評価できても、作品は評価できないのではという疑問

ある物語を知りそこから「作品」のことを知ることは多い。 「ある物語があったからある作品を知った」ことが問題なんじゃなくて、「作品の価値」にその物語を直結させ作品価値を変動させてしまうことが問題なのかも? 例えば、ある画家の半生を知ったから、…

自文化と他文化の摩擦。でも受け入れなくちゃ行けない状況について

ここオーストラリアでは、タトゥーがめずらしくない。老若男女を問わず、わりとカジュアルに入れている感じ。でも、日本だと間違いなく「刺青のある方はご遠慮ください」言われるレベル。これもいたってガラパゴスな文化だと思うけど、オリンピック・パラリ…

生理的拒絶というボーダー。または領域。名前つけたい

刺青の件で思い浮かぶのは、背中に(たしか)コルセットを縫いつけた(?)画像を あれは私には、綺麗だというよりも「うっ」と心臓を鷲掴みにされる拒否感でちゃうんですよね……。 ここで分かるのが、それがいいとか悪いとかじゃなくて、自分が育んできた価…

夢と現実の一貫性について>サムライフラメンコ

さ、 サムライフラメンコ面白すぎる!!!なんだこれ!!! 戦隊もの、ヒーローものの原型をある程度知っていると「うおおお!1」という高揚感がぱないの! 私達の世界は「一貫性」を保っているから、全ての事象が「一貫性」が "ある" と思っている。それが…

時間の線上構造と圧縮について、悠馬的世界の景色

この世界って「時間」という概念が、「過去から今から未来へ」と→→という矢印方向になっている____ように見えるけど、実際はそうではなくて、ただの点なんだっけ?…… いやんー? なんだろ事実としては「過去から今」と連続しているけど、「時間」という…

好きな作品のアニメ化って、ぶっちゃけどうなんでしょ

“原作付きのアニメ化は、アニメ界にとって害になるからやめるべきだ(アニメ好きの立場からの批判) by 井汲 景太 - 物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために” http://t.co/X8kxH5bPWv “メディアミックスすることをどう思うか?~井汲 景太さんのコメン…

コメントの返信について

まどか記事と関係ないコメントだったので、こちらの記事にて返信しますね。(できれば今度からは、記事に関係ないコメントはご遠慮ください。もしまたなにか私に直接のお話があれば、こちらのブログにお願いします)それでは私なんかでよければ、コメントの…

リトバスRefrain4話と面白さの追求

リトルバスターズRefrain4――――ああ……もうダメです。不満が急激に溜まってきたので切ろう。 Kanon AIR、CLANNAD、リトバスはもう私の中で、aletheiaと昇華されていて。 そんな中でも、前3つのアニメ化は素晴らしく思えるのはやっぱりもう力の差を感じ…

約束(ルール)の遵守と息苦しさと思考の修正、もしくは共同体のコミット

“ 約束や信義という言葉を信じすぎる病気ってありますか? - ライブドアブログ” http://t.co/F8LmLSJ2B6 ”賞味期限切れた弁当を、同僚が廃棄せずに友達にあげたりしたのを咎めたら、叩かれたり。 そんなのみんなやっているとかじゃないと思います。 やっちゃ…

ノベルゲームをアニメにすること

ホワルバ2とリフレインには"ノベルゲームアニメ化"の可能性を、個人的に託してる。どちらも歴史的傑作だからね。アニメとノベルゲームの両方の媒体に強いこだわりを持つ自分としてはここは期待したいのよ。 ほんとこの2作が同時期にやるってのが感慨深いん…

萌えと性

「萌え」という感情は、これはプラトニックラブのような気がする。 なんというか性愛が感じられない。いや本来性愛は切り離せるものではないけど、その傾向が低いのか? keyはその傾向が強くて、「keyにエロはいらない」んじゃなくて「エロを感じられない」…

精神的高揚と、刹那的快楽

精神的高揚と、快感はもしかしたら何かが違うのかも?と 玉ねぎによって涙がでることと、嬉しさや哀しさで涙が出るのが違うように(成分でも) 根拠も確証もないけれど、なんとなく。 ワクワクドキドキと、刹那的な快楽はなにか違う気がするのですす ドラッ…

消費的しせいによる物語の消費( ・ワ・)

あああ?!!!と思ったのが、一作品に対する「姿勢」がもしかしたら希薄になっているのではないのかな?!と だってだってさ、ある作品を終わったとしても”次々に"視たりプレイするモノがわんさかあったら、 終わった一作品に「書く時間」をどれだけ分け与…

物語視点といらだち

……うん合点しました。だとしたら、交わることがないなー…… おそらくそういった論者の人とガチガチに言い合わないと、彼・彼女の言い分を納得できない……なーと。 んーんー。んーんんん 嫌いでもいい、納得できなくてもいい。ただそこに「在る」ことを認めるこ…

ホンモノとニセモノの是非

【本当と本物と正しいという言葉の甘美。偽物を許容できる心の在り方とは?】 話変わって、スマプリのお話。本当の気持ちとか、本物の笑顔とか、正しいという概念。 なぜこれらを「求め」てしまうんだろう? ふと思ったのが、なぜ偽物を忌避し、本物を求めて…

批判的文脈とブタイウラ

【批判的文脈】 前から前々から分かってきたんですけど、アニメ・エロゲを批判するときって「舞台裏」しかだいたいみんな言及していないんですよね 売上がどうだの作画がどうだの声優がどうだの監督がライターがががががって 特に売上げうんぬんを挟むのは、…

【加点法】と姿勢

【加点法】 つまるところ、この方法、この見方は、「光っている部分を1つでも見つけよう」という姿勢にある。 悪いところもあるかもしれない、でも良い所だってあるんだよ?と あまりにもひどい……「悪い所」が多すぎる作品でも、こういう姿勢を取ってみよう…

面白さと文化的作品(≧∇≦)

”何か"の面白さを理解るときって、 必ずそこに「ワクワクドキドキ」があるはずです、ええきっと多分。 例えば、仏教とか、ふつう(?)に暮らしていたらあんまり興味もたないんじゃないですかね。 誰かに「仏教いいよ仏教!」と熱く語られても、はーそうなん…

血液型占いは盲目への第一歩なんじゃないの

血液型占いを本気で信じている人は相容れない 血液型占いを信じている―――それはいい。 けどこれを"他者”に当て嵌めようと、当て込めるている人を見るとすんごいうんざりする 血液型占いを(ある程度)信じている彼らにとって、それは「真」なんだろう。 けど…

太極の両義と運命―――

太極の両義。太極は両義に別れた。両義には二つの枢軸がある。 殻? いーくんがさ、「ねえ、自分のことをさ、こうじーっと観ている感覚って分かる?」 と言っていたんだけどさ、逆に 自分の躰の中から自分を見つめている感覚というんだろうか 自分の内側から…

極限状態・思考のスイッチ

人は極限状態に置かれたとき、(命が擦り切れ、意識が泥のように)なった時、 気が触れる。そしてこの気が触れるこの現象は「スイッチによって思考の回路が切り替わる」ものに見えた 電車の線路を切り替えるように、あるラインを超えると、今まで培ってきた…

感想記事のべくとる

“書評の書き方” http://t.co/Hgf6DPuEcq あった! "自分が特に注意して読んだ箇所、自分が面白いと感じた箇所、自分がこの内容は本を語る上で欠かせない点だと感じた箇所” この3つのうち2つを追加しよう。しようしようと思っていて忘れていたのよさ んー?…